Pests & Diseases: Botrytis cinerea

ボトリチス・シネレア(灰色カビ病) – 病害虫

ボトリチス(灰色カビ病 または 貴腐菌)は、弱った植物や傷んだ花に感染します。実際には、植物を分解して養分として土壌へ還元するため、自然循環の役割を担っています。このカビは本来、自然の生命循環において重要な役割を果たしていますが、作物に発生すると非常にやっかいな病原菌として扱われてしまいます。

害虫の概略

灰色カビ病について
灰色カビ病は、壊死性真菌の一種です。宿主植物を殺しながら栄養にするカビ菌です。
灰色カビ病がもたらす被害
灰色カビ病にやられた細胞は壊死することから、灰色に変色したり軟化したりします。その後、変色したスポットからは、毛皮のような灰色の菌糸の層が形成されます。
灰色カビ病への対策
灰色カビ病が発生してしまった植物やその一部が、決してほかの植物に触れないようにしてください。

灰色カビ病のライフサイクル

灰色カビ病の発生は、畑に残った農作物の残さの感染した一部から始まります。残さに残った菌糸体は、春先に気温が上昇すると休眠状態から目覚めます。明るい光が当たると、菌糸は分生子柄(ぶんせいしへい)とよばれるものを形成しはじめます。この分生子柄の先につくられた分生子という胞子は空気中をただよって移動し、他の植物の葉や茎に着床することがあります。

Botrytis cinerea

灰色カビ病がもたらす被害

花に感染した場合、最初のうちは症状が見られません。クロロシス-感染した部位のまわりは茶色く湿ったように見える細胞 –は、灰色カビ病が発生が疑われる症状のひとつです。花びらに、フチがこげ茶で白く色が抜けた斑点がたくさん出た場合も、カビに感染した可能性を示します。

灰色カビ病を予防するには?

ボトリチス・シネレア菌に感染した植物の部分を、放置せずに取り除くことがとても重要です。感染した部分は、ただちに取りのぞいてください。

ほんのわずか触れただけで胞子が空気中をただようので、感染した植物を他の植物と接触させないことが最も重要なポイントです。放出された胞子が健康なプラントに付着して感染が拡大します。室内栽培では、葉、花や果実の周辺が高湿度にならないよう、十分に換気するよう心がけてください。屋外では、作物が雨に濡れないように、簡易ビニールハウスやポリトンネルなどを設置して 雨除けの対策をするとよいでしょう。

また、毛虫などの害虫が植物の表面を守るクチクラ層を食害すると、B・シレネア菌が細胞に侵入しやすくなってしまうため、害虫対策も必要です。害虫に食害されたプラントは感染リスクが非常に高くなります。B・シレネアの胞子は、アザミウマのような害虫によって運ばれて拡大します。

Botrytis cinerea

病害菌を防除する方法

B.シネレアに拮抗する数種の微生物が、多種多様な作物において防除効果があることがわかっています。クロノスタキス・ロゼア(=グリオクラディウム・ロゼウム)は、B・シネレアの胞子の生成を妨げる働きがあり、感染拡大を防ぎます。数種類の線虫もまた、B・シネレアへの防除に利用されています。

B・シネレアの発生や感染拡大を防止する効果のある、さまざまな植物の抽出成分が配合された資材が利用できます。例えばタイム、柑橘種子、オレガノ、ミント、ガーリックやペッパーの抽出エキスに高い効果があります。

この記事を評価する: 
Average: 4 (1 vote)