なぜBIOCANNAなのでしょう?

BIOCANNAは、100%オーガニック認証を受けた土耕栽培用肥料です。BIOCANNA 肥料と国際CUガイドラインに沿った栽培方法で育てられた作物は、オーガニック栽培作物、またはエコロジカル栽培作物(オランダ語ではEKO)と表記できます。

CANNA は、ガーデナーが最高の収穫が楽しめるよう、その原料から製造まで厳しい管理を行っています。品質こそが、情熱の証です!

Quality proves itself!

有機栽培の歴史

農業が始まったのは12,000年前、最終氷期の終わりごろのことでした。気候がだんだんと温暖になるにつれ、人々は作物の栽培をはじめ、その地での定住を可能にしました。そして人類は、狩猟という不安定なライフスタイルからの進化を果たしました。この結果、シリア、メキシコ、中国で、初めての文明が誕生したのです。

人々は、肥料を土に入れると植物がよく生長することをすでに発見していましたが、それがなぜかは分かっていませんでした。ではここで、人類が肥料について、なんの知識も持っていなかった頃へもどってみましょう。

1838年、ユストス・フォン・リービッヒは、実験的研究によって肥料要素と、植物の生長の関係を明らかにしました。この発表は、肥料の導入という、農業における真の革命をもたらしました。NPK要素を施肥すると、それらの肥効により、あらゆる作物の収量がふえました。窒素(N)は、コールタールからつくられ、。リン(P)は、骨からつくられました。カリウム(K)は、中国とインドで採掘された鉱石が原料でした。

有機農法とは?

肥料の発見により、世界人口は劇的な急増をはたしましたが、一方で残念ながら、近代農法は土壌や環境の劣化という問題も引き起こしました。19世紀には、その反動により有機農法とバイオダイナミック農法という新たな2つの農法運動がおこりました。

有機農法の目的は、自然との調和をはかりながら、持続可能な農産物生産をすることです。 この目的を理解し維持するために、有機農法は次の3つの基本原則に基づいて実践されます:

  1. 化学農薬を使用しない
  2. 化学肥料を使用しない
  3. 多種多様な生態系をめざす

これら原則の実践により、豊かな生態系と微生物層をもった自然本来の理想的な栽培環境がつくられます。

BIOCANNAの製品なら、有機農法の基本原則に沿った栽培ができます。残念ながら、オーガニックとうたっている有機肥料製品のほとんどでは、それがあてはまりません。 BIOCANNA は認証を取得した100%有機製品である一方、有機をうたう多くの肥料製品は、原料の一部に有機成分を使用しているにすぎないのです。

エコなガーデニング

BIOCANNA の製品は、制御管理によるバイオロジカル栽培を初めて可能にしました。 自然な農法で育てられた植物は、食用や摂取用に最適なため、医療面で需要がある植物の栽培に特に役立ちます。バイオロジカル栽培作物は安全性の高さだけでなく、多くのユーザーによる評判と風味の高さから、多くの人々に支持されています。 バイオロジカル栽培作物の人気の高さには、明確な理由があります。