General banner

FAQ

一般

1. ビギナーにとって、もっともおすすめの簡単な栽培方法はどれですか?

ビギナーにおすすめの、もっとも簡単な栽培方法は CANNA TERRAです。TERRAポッティング・ミックス栽培は、ほかのどの培地よりも厳密な管理をしなくても高収穫に育つので、もっとも簡単な栽培方法です。

2. 培地とは、なんですか?

培地とは、土の代わりに植物が根をのばして茎や葉をささえるためのものです。

3. 生長期と開花期で、それぞれの肥料を使わなくてはならないのはなぜですか?

a. 生長期と開花期では、必要になる肥料の比率が変わるからです。

b. 植物は花が咲かせると必要な肥料成分が変化するため、根から酸を分泌するようになり培養液や培地が酸性に傾きます。

4. 生長期の肥料から開花期の肥料へ変えるタイミングを教えてください。

つぼみが見えたら、開花期の肥料に変えてください。

5. 肥料はなぜ、AとBに分かれているのですか?

植物に不可欠な全ての肥料成分を高濃度に配合するために、AパートとBパートに分けられています。AとBは常に同量ずつ使用します。

6. AとBを一本にまとめることはできないのでしょうか?

もしもAとBを一本にすると、濃度がきわめて薄い液体肥料しか作ることができません。AとBは非常に高濃度な液体肥料であるため、原液どうしを混ぜてしまうと、肥料成分が反応し水には溶けない石膏ができてしまいます。絶対に原液どうしを混ぜないでください。

7. 化学肥料と生物由来の有機肥料との、一番の大きなちがいはなんですか?

一番の大きなちがいは原料です。 生物由来(バイオロジカル)の有機肥料だけが、本来の有機栽培を可能にします。

  • バイオロジカルな有機肥料は、ゆっくり溶ける緩効性です。
  • 化学肥料は、すばやく溶ける即効性です。

8. CANNAの製品に有効期限はありますか?

一部をのぞいて、ほとんどのCANNA製品の有効期限は、キャップ未開封のうえ直射日光を避けた場所で保管した上で2年です。製品の有効期限は以下の通りです。

製品 有効期限(年)
CANNA Terra Flores 3
CANNA Terra Vega 3
   
CANNA Aqua Vega A 3
CANNA Aqua Vega B 3
CANNA Aqua Flores A 3
CANNA Aqua Flores B 3
   
CANNA Coco A 3
CANNA Coco B 3
   
CANNA Substra Vega A 3
CANNA Substra Vega B 3
CANNA Substra Flores A 3
CANNA Substra Flores B 3
   
CANNA RHIZOTONIC 1
CANNA PK 13/14 5
CANNAZYM 3
CANNABOOST 促進剤 3
   
BIOCANNA Bio Flores
BIOCANNA Bio Vega 3
BIOCANNA BioBOOST 3

9. CANNA製品を試してみたいのですが、サンプル品送付のサービスはありますか?

残念ながら、当社製品のサンプルはございません。お試しに最適な一番小さなサイズの250mlボトルをお勧めいたします。当社から直接お届けはしておりませんので、最寄りの正規代理店までお問い合わせください。

PHとEC

10. なぜpHの測定は大切なのですか?

肥料養分の吸収量は、pH値によって大きく変化します。そのため、常に最適なpH値の範囲を保つ必要があります。培地と培養液の最適なpH値の範囲は5.2〜6.2です。

ただし、CANNAの製品によって最適な値が変わります。培地ごとの最適なpH値範囲は以下の通りです:

TERRA 5.8~6.2
COCO 5.5~6.2
その他 5.2~6.2

11. ECとはなんですか?

ECとは導電率のことです。EC値は水に溶けている塩類すべての量を示します。そのため培養液のEC値には、肥料のみの量ではなく水にもともと含まれていた塩類の量もふくまれます。

活力剤

12. CANNAのウェブサイトでは、PK13/14の使用は一週間のみと説明されていますが、お店ではもっと長い期間使うよう勧められました。

当社では一貫して、PK 13/14の使用期間は常に一週間のみ、と説明しております。CANNAの肥料には、すでに十分な量のリン酸とカリウムが配合されています。開花期の全体のなかで、ある一定期間にだけリン酸とカリウムを余分に必要とする時があります。PK13/14を使用するのはその時だけです。

13. トリコデルマ菌は、どのバクテリアに対して駆除効果がありますか?

トリコデルマ菌はバクテリアを殺すのではなく、植物を有害な菌類から保護する効果があります。トリコデルマ菌は、他の菌類をエサとするほかに根の環境を改善するため、根の生長が促進され植物が活発に生長し丈夫になります。

培地

14. 栽培用の培地は、何種類ぐらいありますか?

栽培方法の種類ごとに、さまざまな培地があります。CANNAは栽培方法ごとの各培地専用に肥料を開発し、提供しています。培地の種類と各専用肥料は、大まかに次の4つのグループに分けることができます。ピートモスベースのソイルレスポット培土はCANNA TERRA、ココ培地はCANNA COCO、不活性培地を使った掛け流し式にはCANNA SUBSTRAは、不活性培地での循環式システムにはCANNA AQUAがあります。

システム

15. 循環型ハイドロポニック・システムには、SUBSTRAとAQUAのどちらがよいのでしょうか?

C循環式システムにはCANNA AQUAが最適です。CANNA SUBSTRAは、培養液を再循環させない掛け流し式システム専用です。このふたつの種類を混ぜて使わないでください。