AQUA

Aqua InfoPaper

AQUA InfoPaperCANNA AQUAの詳細 このInfopaperでは、循環型システムでの植物栽培について、詳しく説明しています。

ダウンロード
水耕栽培の概要

水耕栽培の概要

水耕栽培システムは近年、注目を集めており、今後も、さらに需要が高まると思われます。水耕栽培システムは家庭用の小さなものから大規模な植物工場まで、すべてに適しており、肥料養分をダイレクトに吸収できるため、大きな収量が得られます。

循環型システム

循環型システム

1970年代に英国のAllen Cooper(アレン・クーパー)氏が、歴史上始めてNFTシステムを開発しました。NFTシステムとは、複数のチャンネル(管)を肥料培養液が、ゆっくりと流れる仕組みになっていて根には常に肥料が行き渡ります。

循環型システムの利用法

循環型システムの使用法

土を使わずに育てることは、ガーデナーにとって様々なメリットがありますが、最大のメリットは植物の生長段階ごとに的確な栽培管理ができること、吸収性の高い水を与えられること、培地や培土を浪費せずにすむこと(NFTなど)、があります。

AQUA利用時のECとpHについて

AQUA使用時のECとpHについて

ECメーターは、水中に溶けている塩類濃度を測ることができ、水に溶けている肥料の濃度も測定することができます。再循環システムでは培養液中の各成分バランスが偏り、過剰成分と不足成分が出てくるため、ECの数値だけで培養液の良し悪しの判断はできません。

循環型システムでの栽培

循環型システムでの栽培

再循環システムでは、質の良い水を使用することが、よい結果をもたらします。重炭酸塩、塩化ナトリウムや亜鉛、鉄、マンガンなどの重金属が多く含まれている水では問題が発生してしまいます。

AQUA培土、肥料、活力剤

AQUA用培地、肥料、活力剤

エブ&フローシステムやドリップシステムでは、さまざまな種類の培地を使用できますが、再循環システムに使用する培地は、不活性なものでなければなりません。