水温の重要性

video-needtoknow-s1-ep1

水温の重要性

植物に水を与える時、水の温度を気にしたことはありますか? 植物の根は、極端な温度に対して敏感に反応します。水温が高すぎたり低すぎたりすると、植物は大きなストレスを受け、ダメージにつながります。

根域の温度

植物の根が養分や水分をたくさん吸収できる最適な温度は20℃前後です。この温度は、培地中の水分が酸素を多く含めるため、根の吸収が活性化されます。水温が低すぎると根は機能しなくなり、水温が高すぎると水分から酸素を吸収できなくなります。さらに、高温下の酸素不足は、ピシウムなどの有害なカビやバクテリアの発生や被害のリスクを高めます。

培地

水温と同様に、培地も最適な温度を保つ必要があります。しかし、水で培地の温度を調節しようとはしないでください。熱湯や冷水で培地の温度を変えると、植物に大きなストレスを与えてしまいます。しかもその15分後には、培地の温度は元に戻ってしまうのです。